井上千鶴のことば

 

ギャラリー瑲  春来る

 

長い冬休み(12月初~2月迄 3ヶ月間)が終わり、

ようやく春めいて来た3月2日より、ギャラリー瑲 が開きます。

今回は、モノクロームばかりで、博道が産経新聞社時代に

司馬遼太郎さんからの声かけで、写真企画「美の脇役」を

三年間連載し、その後、京都の淡交新社より

初めて出版した思い出の写真で、構成しました。

長らく絶版だった本も平成17年 光文社 知恵の森文庫

より再び出していただきました。

司馬さんも、博道も多くの筆者の方々は刊行以来

半世紀を過ぎた今、故人となられています。

写真に付けられた文章のすばらしさは、美を何に、

どのような時に、どのように感じるかを教えられます。

まだまだ寒さの残る早春ですが、

水・木・金曜日  午前11:00 ~ 午後16:30

是非お立ち寄りください。

 

東大寺店 鹿アイテム色々。

観光地のど真ん中にある東大寺店。

奈良公園や東大寺、春日大社へ徒歩で回れます。

そんな東大寺店の売れすじはやっぱり鹿アイテム!!

お土産にはもちろん、自家用に購入される方も多いです。

奈良といえば鹿ですよね。

写真のアイテム以外にも東大寺店限定商品もご用意しております。

国立博物館の目の前に、緑色の看板で「夢風ひろば」と書かれている場所に東大寺店がございます。

ぜひお立ち寄りください♪

営業時間

10:00~18:00

カフェ17:00まで。

井上千鶴のことば

 

 

なつかしい場所

 

今日も相変わらずフィルムを見ています。

この所は、35m/mばかりなので、ついつい

前かがみになり、ビュアーに寄りかかる姿勢で

何時間もいるので、胃を圧迫し肩も凝るという

不健康な体勢です。

しかし、そんな中でも美しい影像を見ると

見入ったり楽しい気分になったりと、

それはそれで良いものです。

昨日も、山の辺の所を整理していますと、天理の

柳本町周辺が出てきました。学生時代、仲良かった

友人の実家の場所です。何度か遊びに伺った事の

ある所です。

自然と畑が目の前に広がり、その周辺を味のある

石垣が積まれているのです。畑には新緑の柿の木や、

紫色の大根の花が咲き、石垣の石の間には、白い

マーガレットのような白い小花が、そこ、ここに

咲いています。何とも懐かしい、安らかな雰囲気の

写真です。昔の友人宅とはちょっと異なるのですが、

そこに漂う空気感は同一のノスタルジックな夢の中の

やさしいものです。

そんな事を思いながら、久し振りに、その友人に

手紙を書きました。

50年もの間、続いた友情を、この先いつまで

生きるかは思いも及ばないですが大切にしつつ

お互い精一杯、生きましょう と書きました。

 

一度、春になれば、昔を思いながら山の辺を歩いて

見たいと思いました。

 

 

 

 

 

井上千鶴のことば

立春

 

春のギフトショーも無事終わり、帰宅すると

苔の柔らかな部分を例年のように虫を探して

鳥が撒き散らし、そこらじゅうが堀り返されています。

いよいよ春到来なのでしょうか。

啓蟄(けいちつ)にはまだ間があるのにと

思いながら、ひっくり返された苔を元通りに

戻して回ります。

それにしても今年のギフトショーは、久しぶりの

人の入りで、5名のスタッフも大忙しだったとか。

私も半日しか居なかったのですが、初めて会う人も

多く少しの緊張感が楽しい一時でした。

若いスタッフの一生懸命の対応が又ほほえましくも

思えました。以前より台湾や中国の人達が

ギフトショーの中でも多くなったように思えるのと

同時にせめて英語が話せるようにならないと中々

世界いえ、アジアですら商いは出来ないなと

実感しました。

 

5日の朝日新聞の社説のぺ-ジの中で、

拡散するナショナリズムについて佐伯啓思氏が

述べられている文章がとても気になる一文でした。

私達日本人のナショナリズムは一体どういう事

なのでしょうか。戦後世代の私は戦前の父母とは

異なった民主主義の教育を受け、経済優先、

自由と責任を何となく教えられ宗教については

ほとんど考えず、古い奈良、京都で育ったが故、

日本の伝統、美意識だけは身につける事が

出来ましたが、本当の意味でのナショナリズムを

考え他と比べ確たる信念を持てたのか考えるばかりです。

これだけ世界中が近い存在になっている今、もっともっと

それらの事を考え行動しなければならないのでしょう。

今日も北朝鮮がミサイルを発射しました。

日々世界で起きている事が身近に迫っています。

どう考え、行動をすれば良いのでしょうか。

いろいろな事を考える一週間でした。

春よ来い。

 

 

 

東大寺店2月の営業時間のお知らせ。

いつも東大寺店をご利用いただきありがとうございます。

来週から、なら瑠璃絵が始まります。

東大寺店がある夢風ひろばの向かいにある国立博物館や東大寺、春日大社などで幻想的なライトアップが見れます。

なら瑠璃絵開催中は営業時間を延長します。

あわせて定休日をお伝えします。

 

なら瑠璃絵 2月8日~14日まで

東大寺店営業時間

2月8日~10日 10:00~18:00(カフェ17:00まで) 通常営業時間

2月11日~14日 10:00~20:00(カフェ18:00まで) 時間延長

2月定休日 2月4日(木)

18日(木)

25日(木)

お食事のご予約なども承っております。団体様も大歓迎です。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

TEL 0742-27-1010

 

 

 

 

 

リエ幡ランチメニュー

2月の中食ランチ

主菜をお選びください

魚 サーモンと蕪の和風グラタン

肉 備中高原鶏のから揚げ 甘酢ソース

副菜

人参とオレンジのマリネ

蒸し安納芋のごまだれ

胡桃じゃこ

ユリ根の卵とじ

野菜とお豆のスープ

古代米ごはん

コーヒーor紅茶(小菓子付き)  1728円

 

今月の丼

生湯葉あんかけどんぶり(おかず3種 お汁つき)1296円

 

 

14時以降デザート各種ございます。

御来店お待ちしております。

 

 

 

西大寺ごはんメニュー

西大寺店、お食事メニューです。

11時から16時

「からだ想いごはん」 780円
ゆで豚の葱味噌ソースがけ
白菜と大根のお漬物
ブロッコリーのわさびマヨ和え
さつま芋と豆腐のサラダ
玉葱スープ

 

「白菜とカブのクリーム煮丼」 690円
白菜、蕪、鶏ミンチを豆乳でとろーりと炊きあげました。体が温まる丼です。

 

16時から19時30分

「夜のからだ想いごはん」  970円
ゆで豚の葱味噌ソースがけ
白菜と大根のお漬物
ブロッコリーのわさびマヨ和え
さつま芋と豆腐のサラダ
イカとセロリのオイスター炒め
玉葱のスープ

Lier・幡 味噌教室のご案内

「手前みそ」という言葉があるように、昔は多くの家庭が自家製味噌を作ったものです。

大豆をよく煮て、つぶし、塩と麹をよく混ぜ、発酵させながら寝かせれば出来上がります。

講師の嶋田さんは、奈良県田原本町で江戸時代から続く味噌・麹の醸造元「茜屋」の第19代当主。

昔ながらの「手ごね製法」で米麹、国産大豆、赤穂の塩を使い「茜八(あかはち)味噌」

を造っています。みなさんもこの機会にぜひ、講師の嶋田さんの指導で、無添加、国産材料の「手前みそ」を造りませんか。


●開講日:2016年3月24日(木)14:30-16:00

●開講場所:リエ幡本店

●受講料:¥4,000+税(約4キロ)講習後デザート・お飲み物付き

●講師:嶋田味噌・麹醸造元 第19代当主 嶋田 稔

受講に必要なもの:エプロン、三角巾(お味噌の容器は講師が用意いたします)

受講後、出来上がったお味噌は当日お持ち帰りください。(ご自宅で発酵させる)

食べ頃は10月頃になります。                          

味噌の種類は粗・減塩・白・麦をお選びください。受付時にお申し付けくださいませ。

お電話でのご予約は 0774-71-0121  締切日 3月15日(火)

受講お申し込みはリエ幡本店にて受付けいたしております。

井上千鶴のことば

水仙

 

お正月から咲き出した庭の水仙がよく咲いているな と

近くを通る度に見ています。

ところが、三日前よりの寒波で、さすがの水仙も

満開の花が根元に近い所から折れて下を向いています。

しかし、何となく香りだけは漂っています。

思い切って折れた所から株で切りました。

一束程の水仙を花器に入れしっかり水を上げると

今日で三日、香り高く部屋中を楽しませてくれます。

生き返ったのでしょうか、一生懸命咲いているように

思えます。

この所の寒さで椿も咲き出した所が、霜焼け

したように茶色くなったり、蕾のままで花が

咲きそうになかったりと、寂しい部屋に、水仙の

あまい香りがいっぱいです。

時々するいつもの散歩コースの途中の土手に

一面、水仙が咲く所があります。

今朝も気になってそっとのぞいて見ると

陽の当る所に、ちらほら、咲いているのが見えます。

寒い中でも、陽を感じ健気にも咲く姿に

元気付けられて足早にコースを巡りました。

寒さが心地よい散歩になりました。

 

来週はギフトショーが始まります。

私も中日に行こうと思っています。

若い人達の頑張りを見るのが楽しみです。

 

 

ギフトショーに出展いたします。

2月3日(水)~5日(金)まで

東京ビッグサイトで行われるギフトショーに出展いたします。

この展示会は日本最大級の展示会で全国から大勢の方が来られます。

私達も毎年二回この展示会に出展して、既存のお客様と商談をしたり

新たなお取引様との話が進んだり、いつもたくさんの出会いがあります。

 

今年は例年より大きなブースで出展します。

そしていつもとはちょっと異なる雰囲気のブースに なると思います。

 

私達もなんだかどきどきしています。

この展示会は個人の方は入場することができない

あくまでもお取り引きを前提とした展示会になっています。

もしご興味のある方は、案内状をお送りしますので

下記連絡先までお電話ください。

 

0742-23-2850 担当繁田

 

http://www.giftshow.co.jp/tigs/81tigsinvitation/highlight.htm

ブースナンバー 東5020-5021 5036-5037