galerie 瑲 開廊日を変更することになりました

 

こんにちは。

 

今日は一足季節が先に進んだと思えるほどの

暖かさになりました。

 

さて、毎週 木・金・土曜日に開廊してきたgalerie 瑲 中登美ヶ丘ですが

今後、開廊日を毎週 水・木・金曜日に変更することになりました。

 

突然の変更になり、ご予定を立てられていたお客様にはご迷惑をおかけしますが

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

時間は変わらず朝11時~夕方16時半までです。

お越しをお待ちしております。

 

 

galerie 瑲 中登美ヶ丘

東大寺店 新作春メニュー。

スコーン(コーヒーor紅茶付き) ¥770+税

 

今日はお水取り最終日です。

今年のお水取りは雨が降ったり雪が舞ったりと寒い日が続きました。

お水取りが終わると奈良にも春が訪れます。

東大寺店では春メニューを始めます。

桜花とよもぎを生地に練りこんだスコーン。

生クリームと自家製ジャムを添えています。

この時期だけの限定メニューとなりますのでどうぞご賞味くださいませ。

 

Lier幡 今月のランチ

3月7日よりリニューアルオープンいたしました。

ランチ内容が一新し、メニューは一か月毎に替わります。

3月のランチメニュー

食前酢 梅酢

前菜  鶏ハムロール 春菊ソース

たまごの味噌漬

豆腐ムース

春キャベツ野菜巻 梅ソース

主菜  鰆の変わり揚げ or 豚肩ロース オレンジ煮

飯   桜ごはん

汁   生麩のおすまし

1,600円

お飲もの付き(コーヒーor 紅茶)           1,800円

 

ご予約受付いたしております。

 

 

 

 

Lier幡 徳永家具工房と下市木工舎(イチ)展開催中

兵庫県三木市で作品を作り続ける徳永さんと、お弟子さんたちの作品展です。

すべての作品は鉋(カンナ)という道具と手仕事によって生み出されます。

今回徳永さんの技術を後世に残していくために奈良県吉野の職人集団「下市木工舎 市」を開設されました。

使い込むほどに愛着の湧く家具、一生共にできる家具を見つけにいらしてください。

2015年3月24日(火)まで開催しております。水曜日定休

 

Lier 幡  リニューアルオープン

 

 

3月7日より営業を再開しております。

改装期間中は、ご迷惑をお掛けいたしまして深くお詫び申し上げます。

新しくなったリエ幡。。。

ランチ内容の変更、洋服・ジュエリー・器の充実、井上博道写真ギャラリースペース設置など沢山の商品構成で店内を仕上げております。

ご来店お待ちしております。

 

井上千鶴のことば

 

ファッション

 

私の机の上に美しい高齢の女性が写った一冊の写真集が置かれていました。

このところ話題になっている、年を経てもお洒落を楽しむ女性の写真集です。

色とりどりの衣服を上手に重ね合せ、それぞれの方々の感性で

ひとつの世界を作り上げる。

特に若い頃から培ってきたお洒落の厚みというものが持ち物、アクセサリーなどから感じられます。

 

流行は時代に応じて変化していきますが

その中で自分に似合った形を取り入れ

以前から引き継いでいる衣服に新しいファッションを

少し取り入れることで、その時代の流行を表現する。

自分流を身につけている方々だと感じ入りました。

 

振り返ってみると、私も娘時分はお洒落が大好きで

母と大阪へ買い物に行くことが楽しみでもありました。

大阪ミナミの高島屋と心斎橋大丸の間をに往復することも

間々あったほど買い物が好きでした。

母の立場、年齢と同じようになったこの頃では

昔のように着飾ることの楽しさ、意欲がだんだん減退して

見苦しくない程であれば良いと思う気持ちが大きくなってきました。

 

昔、上司海雲さんの友人で須田剋太さん、鈴木光さん、杉本憲吉さんなどが

七人展という名称でグループ展を東京、名古屋、大阪で度々催されていた時代がありました。

私も博道もよくその会のお手伝いと言っては遊ばせていただいたものです。

 

今考えてみれば、皆さん、70歳以上の方々でしたが

海雲師は白の着物に墨染の法衣

須田さんは上下つなぎのジーンズ(ポケットが幾つもついた物)にジャンパー

唯一の女性、鈴木光さんは決まって紫色の縮緬のお着物に

時には黒の羽織(微妙にいつも異なる紫の着物と帯、それに道明の帯〆)

いつもシンプルな、しかし各人各様の個性が光る凛とした装いだったなと懐かしく思い出されました。

 

とりとめのないことを書いてきましたが

装いはその人なりの自己表現です。

私ももう少し力を入れて、しかし自分なりの装いの形を考えていきたいと思わされる写真集でした。

 

 

 

 

Lier・幡 リニューアルオープンのご案内

庭の木々は、花芽を膨らませ、穏やかで春めいた日和になってまいりました。 中でもマンサクは、(春先ず咲く花)香り、色め共に見頃です。 弊店は、1ヶ月半の改装工事を無事終え、此の度お陰さまでリニューアルが完了し、来る3月7日(土)より再開する運びとなりました。 これもひとえに皆様のお引き立ての賜物と改めて深く感謝し、新たな気持ちで、取り組む所存です。 ご多忙とは存じますが、お誘い合わせの上、お越しくださいませ。 スタッフ一同お待ちしております。

本日からオープンです

 

 

 

おはようございます。

 

本日、3月5日11:00より

galerie 瑲 をオープンいたします。

 

「東大寺のほとけたち」をテーマに

重厚感のある展示となりました。

 

どうぞ、春のお出かけに足をお運びください。

 

 

galerie 瑲

開廊日:毎週木・金・土曜日(祝・祭日に関係なく)

時間:午前11:00~夕方まで

 

 

 

 

 

 

 

東大寺店 3月定休日と新メニューのお知らせ。

ちらし寿司 ¥1000(税込)

2月があっという間に過ぎ3月になりました。

東大寺店周辺ではお水取りが3月1日~14日まで行われます。

お水取りが終わると奈良にも春が訪れると言われております。

春はもうそこまで来ています。

 

東大寺店では3月3日~ちらし寿司をはじめます。

レンコンや菜の花など春野菜にサーモンをのせた具だくさんのちらし寿司です。

自家製リンゴ酢を使用しております。

数量限定となっておりますのでぜひご賞味くださいませ。

 

また3月は定休日を設けております。

3月5日(木)

  18日(水)

  19日(木) 

ご迷惑をおかけいたしますがご了承くださいませ。

 

 

 

井上千鶴のことば

 

 

 

春待ちの憂鬱

 

2年前に頂いたシンピジュームの鉢花が

今年初めから蕾を付けました。1ヶ月半程で

花が開き始め、先週より満開に咲きました。

二鉢の花が各々三本、五本と花を立て、

しっかり咲いた花は、頂いた時の美しさ

に及ばないものの自然な花付きで自分

一人悦に入って、毎朝・夕、花を見ながら

お食事を楽しんでいます。

大して世話もしないのに、こんなに立派な

花を付け、見る者を幸せにしてくれる花の力は

大変な物です。それが、自分が咲かせたかの

ように誇らしく思うとは、思い上がりという物です。

多分これは以前、頂いた時の状態がたまたま

良くて、その力がまだ持続しているに違いない

とは思うのですが。

それにしても立派な花を付け咲き誇る姿は、

大したものだと言いたくなる程です。

 

それに引き替え自分は、この所、何か意欲減退で、

いろいろな事に積極的に向き合い行動してゆく事が

出来ません。とり合えず目の前の仕事を片付けるだ

けで、仕事が面白くてガンガンやって行くという気に

なれないのです。

そのくせ会社の事が気になり見るとついつい出来て

いない所を指摘したり、若い人の行動を注意したり

してしまいます。

その結果、自己嫌悪なのか、暗い気分になりどうすれば

若い人達が育つのかと考え込んでしまいます。

自分自身の意欲所ではなくなります。

暦の上では、雨水で、春を呼ぶ雨・草が子葉を出し、

木が芽を膨らませる季節になりました。後一月もすれば

桃の花や、れんぎょう、木蓮、そして桜の開花と目白

押しの花の季節です。

 

余り憂鬱な事を考えず前向きに前向きに気持ちを

切りかえて行きます。

春到来、待ち遠しいです。