リエ幡ランチ新メニュー

7月の中食セット

前菜

季節野菜のサクサク揚げ

アボカドととうもろこしの白和え

胡麻豆腐 葛あんかけ

いんげんと卵のマスタードサラダ

 

メイン

魚 スズキの梅紫蘇フライ

or

肉 和風タンドリーチキン

小付  紫タマネギとトマトのピクルス

汁  なすときゅうりの味噌汁

ごはん 雑穀ごはん(大麦と古代米)

1600円

デザート 桃とバニラのプリン

ドリンク付(コーヒーor紅茶) 1800円

デザート、ドリンク付      2050円

ご予約承っております。

 

東大寺店 7月定休日のお知らせ。

いつも東大寺店をご利用いただきありがとうございます。

今日から7月ですが雨のスタート…

6月あまり降らなかったので7月まとまった雨が降るので気を付けてください。と今朝テレビで言っていました。

早く梅雨が明けてほしいです。

 

7月、東大寺店は定休日を設けております。

7月2日(木)

9日(木)

16日(木)です。

よろしくお願いいたします。

物販スペースでは色とりどりのショールをご用意しております。

おすすめはボーダー柄です。

タンクトップもご用意しておりますのでぜひお手にとってご覧くださいませ。

ご試着もできます。

 

 

井上千鶴のことば

写真

 

平成27年も折り返し点に来ました。1年の過ぎる

早さは年と共に比例しているのでしょうか。

私は今、35m/mやスリーブのモノクロフィルムの

整理をしています。

主に人物のスナップやポートレート等、博道が

産経新聞社のカメラマンとして働いていた時代

から近年の物迄あります。私と結婚する以前からの

物なのでフィルムの表紙になぐり書きした文字を

頼りに整理します。

中には、上司海雲師や司馬遼太郎さんの物が

どっと出てきます。本当に懐かしい思い出が目に

浮かび、40年程も昔の事を昨日の事のように思い

出します。

 

写真の持つ魅力の一つは見る人をその時代に

引き入れることではないでしょうか。特に人物、

ポートレートはその最たる物です。

私が幼かった頃、友人が家に遊びに来たら

必ずアルバムを見せて話したり、トランプや

ゲームをして遊んだものでした。

最近では、アルバムはもう作らないのでしょうか。

考えてみれば、私自身、仕事をしだした30年前

からは、アルバムを作った事もなく、博道が娘が

幼い頃に嫁に行く日の為にと家用と娘用に

同じアルバムを各々作っていたのを思い出す

ばかりです。家庭的でなかった自身の事を

棚上げして、昔の家庭の暖かさを懐かしむとは

いい気なものですが、古いポートレートを見て

何とも言えない哀しい気持ちになりました。

ゆっくりと時間の流れる昔の遊び、人と人との

交流。現代のいつも忙しく立ち働く私達の暮らし。

どちらが良いのか、あるいは選択出来るのか。

考えるばかりですが、時間は待ってくれません。

ただただ毎日、仕事を続けなければならない

のでしょう。少しばかりの楽しみをその中に

見出しながら。

こんな事を思うのは、少々鬱(うつ)気味ですね。

東大寺店 雨の日サービス。

いつも東大寺店をご利用いただきありがとうございます。

最近はムジークなら、オクトーバーフェストなどのイベントもあり賑やかです。

今日はあいにくの雨…

今週末から来週にかけて雨予報が続きます。

本格的な梅雨に突入でしょうか…

そんな雨の日に東大寺店ではお得なサービスを始めました。

雨の日にランチご利用のお客様に珈琲or紅茶をサービスさせていただきます。

ホット、アイスどちらでもご用意いたします。

写真のPOPが目印です。

ご来店お待ちしております。

お電話でご予約も承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

井上千鶴のことば

 

山頭火

 

先週より中登美ヶ丘 ギャラリー 瑲 では、

種田山頭火の歌をイメージした写真の

展示が始まりました。

放浪の俳人として大正から戦前に多くの句を

残された方ですが、その句も独特なら、生き方も

すさまじい物であったのでしょう。

幼い折に自ら命を断った母を生涯思い酒に溺れ

日常の身の回りの事や自然の事に寄せて平易な

言葉で詠む句は山頭火独自の世界を創ります。

博道の色彩やかな写真は、色という点では、

正反対と一見思われるのでしょうが、その底には

ひたひたと流れる心情、心根の哀しさが感じ

られます。

小品30数点を俳句と共に御覧ください。

 

8月7日(金曜日)迄 展示しています。

尚、会期中は、水・木・金曜日の

朝 11時 ~ 夕 4時30分 迄です。

どうぞ お気軽にお越しください。

東大寺店 からだ想いランチ。

6月23日~

東大寺店のからだ想いランチは…

メイン A むし鶏 ~ピリ辛黒ゴマソース~

B サバの竜田揚げ

 

副菜  冷やっこ 中華葛あんかけ

ブロッコリーとしめじの塩いため

かぼちゃの煮物

彩りピクルス

お味噌汁

古代米ごはん             ¥1150+税

 

 

ぜひご賞味くださいませ。

 

東大寺店 かき氷始めます♪

かき氷 抹茶あずき  ¥670+税

今年もかき氷を始めます。

一つずつ氷を削って特製シロップをかけてトッピングをしているためお出しするのに少々お時間いただくこともございます。

手作りにこだわっておりますのでご了承いただければと思います。

抹茶あずきの他にもイチゴ、黒蜜きなこ、練乳、みぞれをご用意しております。

ぜひご賞味くださいませ。

 

 

galerie瑲 からのご案内

 

こんにちは。

しっとりとした梅雨の季節、雲のむこうには

夏の気配を感じる頃となりました。

 

galerie 瑲 では、明日より

「山頭火」をテーマに

日本の四季を感じる展示を

させていただきます。

 

梅雨空が続きますが、

ぜひ、足をお運びください。

 

 

 

 

galerie 瑲

開廊日:毎週水・木・金曜日(祝・祭日に関係なく)

時間:午前11:00~午後16:30まで

 

 

井上千鶴のことば

 

 

 

梅雨の晴れ間

 

梅雨空が続いた後、昨日は久し振りの

青空が広がりました。一転、今日は朝から

シトシトと全くの梅雨です。

そんな中、庭に出て新聞を取りに行くと

緑の香りがじっとり身を包むようにある中、

咲き出したクチナシの甘い香りが、すっと

よぎります。

足元を見ると1週間前までは乾燥した杉苔が

茶色くなって葉を閉じていたのが、入梅と

同時に濃い緑の葉を全開させ、しっかり

雨を補えています。

しっとりと水分を含んだ空気の中で、

植物の緑とそれの発する緑や花の香り、

それに加えて濡れた石を目にすると、

日本の季節の美しさに一時うっとり

とした気分に浸ります。

外出先の雨は嫌なものですが、家に居て

ゆったりとしている時の雨は最高の落ち着きを

植物に限らず私にももたらしてくれます。

井上千鶴のことば


 

70歳を前に

 

今年6月13日で私は満68歳を迎えます。

同年代の親しい友人達もほぼ同じ様な年令です。

私達の世代は女性が仕事を持つという時代ではなく、

ほとんどの女性は学校を出ると、お茶やお花・洋裁等を

習いながら、お見合いをし、そして結婚をという人が

多かった頃です。それでも友人達の中には子育てを

しながら美術の道を選んだ人や栄養士として仕事を

し続けた人が何人かいます。そういう友人と話をする時

家庭と仕事の両立を果敢にこなし、それでいて涼しい

顔で、お洒落を楽しみ、年を重ねても、美しさを保つ

理想的な女性の一面を見て、ちょっと嬉しくなります。

しかし、これから先の生活スタイルや伴侶との係わり等を

考え合わせ、それぞれの事情はもちろん異なるのですが、

次のステップに踏み出す用意を始め出しました。

年老いても自立して生活出来、楽しみももちろんその中に

込められるような住環境を整え出しました。

そんな友人の姿を見るにつけ、次のステップの有り方は

一体どういう絵を描けば良いのか、私自身日々考える

ようになりました。

知力・体力全般に落ちて行く中で自分を成り立たせられる

物は一体どういう所なのか、自問自答する毎日です。

私は今、終の栖にしたい小さな家を建てようと考えています。

今迄私は、実家から出て結婚し神戸の御影で5年、奈良に

帰って来て富雄に住んで25年、そして中登美ヶ丘で13年余り

の歳月を過ごしました。

その間、会社を建てたり、L ier 幡や、東大寺店等を作ったりと、

いろいろ建物に関わっては来たものの、今回程、自身の楽しみと

住み易さを考えた住居を建てる事は初めてです。

4月から設計を始めていただき、まだまだこれからですが、楽しみ

でもあり、悩ましい事でもあります。

梅雨に入り、うっとうしい空模様の中、一瞬の晴れ間が嬉しい

そんな気分のこの頃です。