井上千鶴のことば

 

27年目に思う

 

ブログ、御無沙汰しています。

何をお話ししようかと何日も考えはじめ

とり止めもないことをいろいろと思っているうちに

時間が経ち、ついつい眠くなってしまったりします。

 

会社の決算が10月ということもあって

9月に入ると1年を振り返り、商品の出来栄えや

幡としての商品企画が相応しいものであったか

消費者の方々に喜んでもらえるものを創れたか

利益はどうであったか

社員の人たち、スタッフの人たちが充実感を持って仕事を出来ていたか?

などなどを考える時期です。

 

振り返ると、このようなことを25年以上繰り返してきました。

毎年、毎年いろんな問題が起きます。

全く問題なく波風立たない状態など

27年間の間、一度もなかったように思います。

 

特に最近はコンピューターを使ってのデータの分析や

情報の収集などがめまぐるしく入ってくる中で

以前のような “感” や経験に頼るだけでなく

客観的な判断が出来ればよいのですがそれも中々難しいところです。

物に対する価値の判断基準が以前と今ではかなり違います。

また、その価値についても色、形、素材、雰囲気

それぞれの重点のあり方が人それぞれ、多種多様です。

 

そのような中でも「幡」らしさを

ひとつずつの商品に必ず込めないといけません。

その上で競争力の在る商品にしないといけません。

今まで27年間、手織り麻が好きで創ってきた商品ですが

その根本の「手芋み手織り」の製品自体がとても難しくなっています。

これは原産国の中国の社会情勢の大きな変化によるものですが

私たちではどうにもならない現状です。

以前よりいつかこういう状況になると思い

12~3年前よりそれに変わる「何か」を考え少しずつチャレンジしてきました。

 

手紡糸に近い味のある糸を使った機械織りのリネンからはじまって

素材の布と共に染色方法の見直し、新たな方法を考えることも含め

麻の布を使ったことなら何でもというほどいろいろなことをしてきました。

まだまだ今後もそれは続くと思います。

しかし、それだけでは飽き足りません。

天然素材の中でも奈良の地場産業の蚊帳で何か出来ないかと考え

7年前より衣料、特にホームウェアを作り始めました。

 

こうして私たち「幡」は創業時は手紡ぎ手織りの麻布の専門メーカーから始まりましたが

現在ではその商材が30%ほどになりました。

そして、機械織りのものや蚊帳がどんどん多くなってきています。

また直営店でセレクトショップの顔やカフェなども少し営むようになりました。

 

しかし、いくら時代や時々の社会情勢の変化があったにしても

むかうところの感性や気持ち、謂ゆるコンセプトはいつも一定でありたいと考えています。

時代と共に歩みながら、変化しながら私たちの思いを伝え続けたいと願っています。

そんなことを考えて今年の決算も何とか締めくくりたいと思っています。

 

秋の夜長、久し振りにブログにてお話させてもらいました。

明日はお彼岸です。

ゆっくり一日過ごします。

 

 

 

 

 

BSプレミアム 「イッピン」でご紹介頂きました


4月7日 19:30よりBSプレミアムで放映された「イッピン」で奈良の蚊帳を紹介する番組が放映されました。

その中で、かやを使って新しいこと展開している会社として私達の会社もご紹介頂きました。

弊社企画の林田と、リポーターの小野ゆり子さんが談笑しながら、かやの洋服を着てくださり感想を述べてくださいました。

素敵にご紹介頂き、とても嬉しくなる放送でした。

下記オンラインショップから購入が可能です。ぜひ一度ご覧下さい。

http://www.ban-inoue-shop.com/

また弊社の直営店が奈良近郊に3店舗ございます。お店では実際に手に取ってご覧いただけます。

(お店によって取扱い商品が異なります)

番組の再放送もございます。見逃したという方にもぜひ見て頂きたいです。

http://www4.nhk.or.jp/ippin/2/

 

リエ幡5月メニュー

リエ幡5月新メニュー

前菜

アボカドとチーズの春巻き

お豆腐のムース

スモークサーモンのマリネ

主菜をお選びください

・海老マヨと根菜の甘酢がけ

・豚ロースのマスタードソース

おかず

えんどう豆と新じゃがの卵オーブン焼き

春キャベツとうす揚げの味噌汁

古代米のごはん

コーヒーor紅茶   1728円

 

母の日特別メニュー

ローストビーフランチ(飲物付) 10食限定 2160円

こちらのメニューは5月8日までとなります。

 

今月のランチ

塩唐揚げの香味丼 (小さなおかず3種 お汁付) 1296円

14時以降、デザート各種ご用意しております。

ぜひ御来店ください。

 

 

 

 

 

 

 

東大寺店 カフェ新メニュー。

よくばり最中 ¥600+税

今週末からGWですね。

毎年、東大寺店にもたくさんのお客様がいらっしゃいます。

気候も良く、テラス席が人気です。

今年はGWに向けてお子様から年配の方にまで楽しんでいただけるメニューを考えました。

かわいい鹿のイラストが入った最中のセットです。

バニラアイス、抹茶プリン、手作りあんこ、生クリームがトッピングで付いています。

最中に挟んでもそのままでも美味しい満足していただけるメニューとなっております。

数量限定となっておりますのでぜひこの機会にご賞味くださいませ。

 

リエ 母の日フェア

Lier幡では4/21(木)~5/8(木)の間、母の日フェアを開催いたします。

母の日の贈り物にぴったりのバッグや小物を多数取り揃えております。

 

また、カフェでは母の日限定メニューとして『ローストビーフランチ』(¥2000+税)を1日10食限定でご用意しております。

新緑が美しいこの季節、窓からの眺めも格別です。ぜひお立ち寄りください。

 

《祝日営業のお知らせ》

当店は水曜日が定休日となっておりますが、5/4は祝日の為営業致します。

5/6(金)を振替休業とさせていただきます。御了承下さい。

 

井上千鶴のことば

又、又、大地震。

 

今回は、14日と16日、2回に渡って震度7以上という

大変な災害になりました。

熊本、大分の方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

阪神淡路大震災、新潟の地震、そして東日本大震災と

近年、余りにも大規模な地震、災害が続いています。

その度に多くの人々が悲嘆にくれ、その人々を支える

為に、何と多くの人々が必死の働きをされている事

でしょう。テレビ、新聞の報道が間断たなくされる中、

自身で何も出来ない歯がゆさと共に、東南海の地震が

近い事を考えると大自然ににどれだけ立ち向かえるのか

疑問は残っても、今すぐ個人も、自治体も、政府も対策を

とるべきではないでしょうか。

私自身、今迄は、ほとんど人ごとのようにしか思わなかった

地震ですが、今回は本当に手近かな所から出来るだけ

手を打っていこうと思いました。

フィルム室や作品の倉庫、そして、道具類の倉庫の棚の

固定化を始めました。

個人で出来る事は、この位ですが、一番気になる所は、

先ず、原子力の発電所や石油タンク、薬品を扱う工場等が

地震や津波に対してどれだけ安全措置がされてるのかです。

こんなに災害の多い土地であれば、世界規準の安全性が

整ったから原子力発電を始めても良いと言う事は決して

言えないのではないでしょうか。

何時、何処で発災するか分からない災害を抱かえる日本は、

同時に自然の恵みも、世界中で類を見ない程の大きな場所

です。その良いところを生かし、自然と共に生きるこの方法を

現代の叡智を集めて実行するべき時だと思います。

20年程の間にこんなに多くの人々が受けた苦痛を又、

繰り返さない為に、政府も民間も個人も一つになって、

災害に対応した社会作りを目指すべきだとつくづく思い

ました。都市の一局集中にならない方策から始める

べきかもしれません。根本的な所から見直す必要が

有るでしょう。一朝一夕にも出来ない事だとも思いますが、

100年かけても、そういう事は、未来の子供達の為に

実行すべき責任を感じます。

 

 

 

CAYA

西大寺店では、奈良の地場産業である蚊帳の素材を使用した衣服、ショールなど多数ご用意しております。

風は通すが蚊は通さない蚊帳素材。その通気性、吸水性の良さを活かし、洗うほどにふんわりと優しい着心地が特徴の衣服です。

その他、母の日むけのバック、小物なども多数ご用意しております。

ぜひ、御利用下さいませ。

かやショール  1500円

リバーシブルショール  2200円

 

井上千鶴のことば

 

富岡鉄斎展

 

桜前線も北上し、我家の小さな庭では、

山吹の黄花と白花が今を盛りと咲き競って

います。この後は満天星つつじに海老根蘭、

そして、うつぎに紫蘭と春の花が次々と出番を

待っています。今週も晴れの週末で、人出の

多い事ですが、鉄斎展が催されていると聞き

兵庫県立美術館へ行ってきました。

とても良い展観で、鉄斎の人となりと

その才能の大きさに圧倒されました。

もちろん、私のような者でも若い頃から聞き

馴れた名声でしたが、思っていた以上に

大変な学者であり、天才的な画業を残された

方だと理解出来る展覧会でした。

中でも、大作で代表作の富士山の屏風は多くの

画人が特に日本画の世界では昔から描き尽くされた

題材ですが、これ程、印象的で圧倒的な

存在感を思わせる冨士を私は見た事がありません。

本当に素晴らしいものでした。

時代を越えた美の世界が水墨画にもあるのだと

感じます。

是非、多くの方々、特に若い人達には見に行って

もらいたいものだと思いました。

お花見や自然の中でのウォーキングは、

気持ちの良いものですが、人の描いた絵画や

写真、アートの世界は、作者の目、手、感性を

通して何を表現しようとするのか、その意図を

見る楽しみは格別のものがあります。

楽しい一日でした。

 

 

 

井上千鶴のことば

 

 

新しい年度の始まりです

 

今年も幡では新入社員2名が加わりました。

又、私事ですが孫も新中学生へと進級します。

新しい所に進む事は何時の時代も期待と不安とが

入り混じり精神的に落ち着かないものです。

それと共に、未知なる世界に飛び込む挑戦的な

気持ちが平常心とは異なる高揚する心に

驚いたりもします。

私は幼い頃から一貫教育の学校に居た事もあり

又、女性はお嫁さんになる事が一番という時代

でもあったので、社会人になればという思いを

実際、感じた事はほとんどありませんでした。

しかしながら、結婚をし、子供にも恵まれ

ようやく自分のあるべき形とはと考えるように

なったのは、30歳近くになってからの事でした。

それから10年間、主人の写真の助手や、子育てを

しながら試行錯誤の日々を送りました。

そして、ようやく40歳にもなろうとする頃、

井上企画・幡を作り、今まで思いを積のらせた事を

形にする「会社」というものをスタートさせました。

今から思えば、その時の思いは稚拙なものでしたが、

基本のところは今も変わらず醸成し会社のコンセプト

として整備され噛み砕き、若い人々に受け継がれる

形になってきました。

新入社員の人を前に30年前の事を思い私自身

新たな気持ちで、もう少しの間、若い人々と共に、

井上企画・幡を育てて行きたいと考えました。

 

 

 

 

東大寺店 週末営業のおしらせ。

今日から4月。

あいにくの雨でしたが外国人をはじめ、氷室神社にはたくさんの方が写真を撮っていました。

氷室神社の桜は散り始めていますが夢風ひろば内にある桜はこれからが見頃です。

週末(金 土)は営業時間を延長しております。(物販のみ)

また4月、5月の定休日はございません。毎日営業しております。

ひろば内は駐車場も完備しておりますので最初の30分間は無料でご利用いただけます。

夢風ひろば内で¥2000以上購入(他店との合算OK)で2時間無料となります。

物販スペースでは春商品が入荷しております。

毎年人気のかやウェアも充実しております。

ぜひご来店くださいませ。

リエ幡4月メニュー

Lier幡新メニュー

 

中食セット

前菜 鶏ささみのフライ タルタルソース

小豆豆腐

いんげん豆の白和え

メイン(どちらかお選びください)

魚 鰆の梅味噌焼き

肉 赤米と新ジャガのコロッケ

 

小付 柑橘のジュレ

飯  筍ごはん

汁  かき玉汁

ドリンク コーヒーor紅茶付   1728円

 

今月の丼

塩唐揚げの香味丼 (小さなおかず3品 お汁付き) 1296円

 

14時以降各種デザートございます。

御来店お待ちしております。

 

 

 

井上千鶴のことば

 

 

 

 

花冷え

 

五月の陽気が、お彼岸の中日頃には感じられたのも束の間、

今日の寒さは冬に逆戻りです。

毎年の事ながら、桜の開花便りには必ず、

花冷えの日があって、ようやく本格的な春、爛漫となります。

そんな中、休日を見計らいながら道具や食器の

整理をしています。

結婚する以前から好きな骨董品、特に食器やお茶碗に

使える物を求めてきたのが、この年になって、かなりの

量になっています。

日常的に使い易い品、料理や季節によって

使い分ける食器は、大皿、小皿、銘々皿、小鉢、椀、

飯茶碗、汲み出し茶碗、茶托、菓子器、抹茶椀 等々

書き出したら切りがない程です。

考えてみれば、この様な器類の中でも、お客様用等は

今まで何度使った事かと思うと自分の代だけでなく、

娘や孫が使わないと本当に勿体ない事になって

しまいます。

昔の家族のあり方は大家族で、一年中、各々の

家の行事に沿って会食があり、お客様のもてなしの

折りには、季節を感じる食器やしつらえを楽しみます。

そんな時、親が何を、どの様に使い盛り付けるのかを

見聞きし、体験する事が、その家の伝統として

受け継がれていったものです。

私は、母のしている事を今も思い出す事があります。

しかしながら、最近では家へお客様を呼ぶ事も

少なくなり、又、娘や孫と一緒に住んでいる方も

珍しくなっています。

家の伝統(大層ですが)や、大切な各々の道具は

今後どのように継がってゆくのでしょうか。

私自身も道具の整理をする度にそんな事を思い

ますが、今一時、残された時間を大切に、好きな

道具や器を慈しんで使いたいと願っています。

その前に整理整頓が待っています。

桜を愛でながら、楽しんでしたいと思っています。